ベビー用品、お子様用品ヤフオクchigasaki

【ファミレス】 お兄ちゃんのお子様ランチ - 感動エピソード

mqdefault_2014062417430909b.jpg
10歳のお兄ちゃんと8歳の弟の2人がフアミリ レストラン
に家族でいきました。お兄ちゃんは重度の食物アレルギーでした。
ですから 食事には制限があります。
そんな家族の食事は、、、!

youtube動画はこちら
【ファミレス】 お兄ちゃんのお子様ランチ - 感動エピソード

動画、幼児食2歳2カ月(晩ごはん)

mqdefault_20140526215328537.jpg

食事しながら、最後は眠けに襲われながら、食事を
続ける2歳の男の子、かわいいですね
動画、幼児食2歳2カ月(晩ごはん)
posted by mity504 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児食2歳

赤ちゃん、幼児の抱っこおんぶ紐


抱っこおんぶ紐、あなたが好みで選べるように比較展示しました。

アマゾン

くわしくはこちらから
抱っこおんぶ紐

楽天

くわしくはこちらから
★抱っこおんぶ紐★



posted by mity504 at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベビー用品

今年も富士山に雪が降りました

富士山 於柳島海岸.PNG











雪が降って、積雪していた。

10月19日、昨夜の雨が、平地のこの雨は、富士山では
雪だろう、と思った。

朝10時過ぎ,前の道路から、富士山を見ると、昨夜はやはり、
雪が降って、積雪していた。

右手、雪が多い側が北側の山梨県方面になります。
今年も富士山に雪が降りました。





posted by mity504 at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 写真展示

世界中に希望を送り続けたヘレン・ケラーの初来日は

ヘレン・ケラーの初来日


宿命を使命に変え、世界中に希望を送り続けたヘレン・ケラーの初来日は、
今から75年前。1937年(昭和12年)の4月から8月のことである。


離日する直前に行った講演の、貴重な音声録音が残っている。
日本の印象や福祉の向上を英語で訴え、「さよなら、ありがとう」
と日本語で結ばれている


幼い時に目も耳も、口も不自由になり、努力で発声を身につけたことを考えると、
まさに驚嘆すべき肉声≠ニいえよう。

彼女の原点は、井戸水を片手に受けつつ、
もう一方の手のひらに綴られた「WATER(水)」の指文字。

物には名前があると知った瞬間だ。その直後、少女ヘレンは何をしたか。
周囲にある物の名を次々と夢中になって聞いた。
そして、突然、自分に教えてくれているその人≠フことを問う。


手のひらには「TEACHER(先生)」の綴りが躍った。
同時に、心には先生≠ニいう偉大な光が輝き始めた

ヘレンは生涯、このサリバン先生への厚恩を忘れなかった。
ヘレンの最後の著作は『先生』。
その中で「先生≠フ指の電流」(中村妙子訳)を今でも感じると述懐した。
聖教新聞より引用


オリンピック短距離3冠、ウサイン・ボルト

オリンピック短距離3冠、ウサイン・ボルト

「伝説になる」との言葉をはじめ、終始、自信満々
の姿を見せ続けた。

この自信はどこから来るのか「死ぬほど苦しいよ」
練習の様子を、彼は述懐している。


「、、、来る日も来る日も死ぬほど練習しているんだ」
(NHK番組)

国内選手権では100メートル、200メートル
ともに若いライバル敗れた。

”彼は過去の人”との声も。
自信など、本当はなかったかも知れない。


だからこそ過酷な練習を自らに課したきた。
決して人には見せなかった顔だ。
聖教、「名字の言」引用


持続の練習なくして、栄冠はない、しかし、
持続の練習だけでは栄冠は勝ち取れない。

オリンピック短距離3冠、ウサイン・ボルト

金子みすずさん、童謡詩人

金子みすずさん、童謡詩人


2011年3月11日東日本大震災後、
暫くは続いたCM「こだまでしょうか」

TVでわりと、頻繁に放送されていましたので、
何回も目にした人は多いのではないかと思います。

詩が流れると、なるほど、と思いながら、
見ていました。

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。、、、

この時、この詩が金子みすずさんの作品だとは
知りませんでした。



こだまでしょうか


「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。
 
「ばか」っていうと
「ばか」っていう。
 
「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。
 
そうして、あとで
さみしくなって、
 
「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。
 
こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。


金子みすずさんの詩をもっと、知りたい方は
こちらから、どうぞ。
金子みすずさんの詩

いじめ問題

いじめ問題


いま、小、中、高生のいじめが報道される

ことが多いですが、子供だけの特殊な世界の

出来事ではありません。


大人の世界にもあります。大人のいじめは
巧妙で分かりずらい。

人はだれでも、加害者にも、被害者にもなりえます。

執拗な個人攻撃、左遷、窓際族、セクハラ
、職場で無視される、などなど

これらは「いじめ」になりませんか。



タグ:いじめ問題

東日本大震災から2年目、復興の夏

東日本大震災から2年目、復興の夏


少女は仮設住宅で2年目の夏を迎えた。
昨年の「3.11」以降、避難を重ね、

大きな自宅から一転、わずか2間の仮設住宅に
家族と暮らす。中略、、、。


先日、少女はゴーヤの苗を窓際に植え、
母の誕生日に「緑のカーテン」を
贈った。

今はまだ、少女の背丈ほどしか育っていない。
だから、夏の日差しは容赦なく仮設住宅に
照りつける。


それでも、「ありがたいよ。涼しいね」
と言う母は汗を流していた。

いや、うれし涙だろうか。

名字の言、聖教新聞より


東日本大震災から2年目、復興の夏
Copyright © ベビー用品、お子様用品ヤフオクchigasaki All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます